ゲルマニウムの末路(?)

 もうずいぶん前に報道されてる件ですが,以前こういう記事を書いたりもしたので,一応リンクしておきます。

体に良いとうたうゲルマニウム使用のブレスレット国民生活センター

そのものズバリ,

テスト対象銘柄に表示されていたゲルマニウムの健康への効果は、文献調査及び製造・販売業者に対するアンケート調査を実施したところ、根拠となる科学的データが確認できなかった。ゲルマニウムブレスレットを購入する人は健康への効果を期待すべきではない。

と書いてありますね(太字強調は引用者による)。

 詳しく知りたい方には,上記ページの下のほうにリンクされてる pdfファイルをオススメしときます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不安の中を生きる

 久々の更新です。 さすがにここを訪れてくれる人も減ってきたようなので,心機一転モードという感じです。 ちなみに,この間,けっこうあれやこれやと忙しかったんですが,その合間に,写真のようなところに行ったり……ってなこともしていたのでした。(^^)
 
Xian
 



 さて,大上段にふりかぶったようなタイトルですが,何のことはない,以下の記事を紹介するというだけのことです:
 
うねやま研究室●新型インフルエンザの安心宣言から「安全・安心」を考えるFoodScience
 
"FoodScience" そのものは有料サイトですが,「うねやま研究室」だけは畝山さんの立場もあってか,掲載後1週間経つと無料で読めます(ハッキリ言って,オススメです。 バックナンバーもぜひどうぞ!)。
 
詳細はリンク先を読んでもらうとして,ひとまず2ヶ所だけ引用します:

 (ニューヨーク市が一般市民向けに出した情報でとっているのは(←引用者補足))何らかの危険情報に接したときに不安になるのは当然である、というスタンスです。そして、その不安を抱えながら正常な日常生活を送るのが大人にできることであり、(中略)。特に子どもはストレスの多い状況を理解する能力が未熟なために不安が強くなりがちなので、子どもには特別なケアを求めています。
 
(前略)(FDAやUSDAが行なう(←引用者補足))記者会見で説明しているのは政治家ではなく、問題についての専門知識を持った科学者たちです。この時出てくる「専門家」や「科学者」は、FDAやUSDAの職員である公衆衛生や食品安全全般への理解のある人たちであり、特定の分野だけに特化したいわゆる「専門馬鹿」でも、急遽呼び出されたほかの仕事を持っている人でもありません。(中略)行政機関に科学者がそれなりの地位で在職しているということの強みを感じさせます。そして議事進行を担当しているのはメディア対応やリスクコミュニケーションが専門の職員です。

前者は,「大人である」とはどういうことなのか?ということについて,ちょっと考えさせられる部分ではあります。 そして後者は,日本においてこれから重視していかなければいけない部分だと思います。 これまでも書いてきたことですが,いわゆる専門家の能力を生かせる場はたくさんあるはずだし,そういう場を作っていくことが(社会にとっても)重要と思うわけで。

 上の話と直接対応する話ではないですが,なにしろ現実にはこういうことも起こってたりするわけで,出来ることなら何かいい方向に変えていきたいもんです。 ちなみに,これについては,こちらや,あるいはこちらでも言及されていますが,特に後者は,日本学術会議会長という肩書きから来るカタい印象とは裏腹に,非常に読みやすく分かりやすい文章で,これまたオススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝!宇宙飛行

 わははは(^o^)。 いいニュースだな〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変わらぬ人気ぶり…

 既にあちこちで取り上げられていますが,

PSJ渋谷研究所Xの「校長先生たちに「水からの伝言」講演会」経由です。
う〜む,今ごろになって,こういうことがあろうとは……。
 
ということで,再掲しときます。 まだのかたは,ぜひ一読を:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かわいいだけがマスコットじゃない(?)

 みなさま,あけましておめでとうございました。(もう3月ですがな。)
 
 先日のライヴにご来場のみなさま,ありがとうございます。
 
 で,見事に2ヶ月の間この Blog を放置してしまっていたわけですが,とはいえ,まったく手をこまぬいていたわけではなく,これこのように,サイト・デザインのリニューアル作業に追われていたのでした。 というわけで,新年とともに(3月だけど)デザイン一新したので,たまには本家のほうものぞきに来てやってください。
 
 さて,今日はリハビリ代わりに軽い話題を。
 祝!帰国!! のS.Y.’s Blogこの記事でも採りあげられていますが:

マスコットキャラに何を求めるかは人それぞれなのかも知れませんが,個人的な感想を言えば,批判されるだけあって,なかなかにカワイクないですね〜。 もしかして,かわいらしさだけがマスコットキャラじゃないというアンチテーゼのつもりなのか? あるいは,イラストだと「?」だけど着ぐるみにしたら化けるとか?
 それにひきかえ,記事中でも引きあいに出されている彦根城築城400年祭ひこにゃんのほうは,確かにかわいい。 見ていて勝手に顔がほころんでしまふ(あくまで個人的意見です)
 
 まあ,僕の場合,奈良は好きだし,キャラ問題とはまったく関係なく,また訪れたい場所ではあります。 だから正直どうでもいい話題ではあるんですが,要するに,この記事をネタにひこにゃんにリンクを張りたかっただけなのでした。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

頂上を高くするには裾野も広いほうがいいよね,という話(なのか?)

 少し前の「余丁町散人の隠居小屋」のこの記事で知った話なんですが,NHKのテレビ番組「クローズアップ現代」4月11日には,国際科学オリンピックのことが採り上げられたそうです。 僕は観ていないんですが,どんな内容だったかというのを番組のサイトから引用すると,

4月11日(水)放送
苦戦する日本 科学オリンピック

今、日本の科学技術力の将来を危ぶむ声が高まっている。毎年夏、世界各国の若き秀才が競う「国際科学オリンピック」(数学、物理、化学、生物など)で苦戦を強いられているからだ。この勝敗が次世代のITやバイオテクノロジー、半導体技術の勝敗に関わると、国をあげて理系人材の発掘・育成に力を注ぐ中国は、去年、全科目で1位、韓国は3位以内。対して日本は数学と化学が7位で物理や生物は20位以下。背景には、理系に秀でた人材を育成するシステムが無いことや、実験軽視・知識重視の受験教育の弊害が指摘されている。(以下略)


 これについて,上記「余丁町散人の隠居小屋」の記事では,2006年の実際の順位も書かれていて,

(前略)それにしても、2006年の結果には驚いた。順位は:

 1. 数学:中国、ロシア、韓国、ドイツ、米国
 2. 化学:中国、台湾、韓国、ロシア、台湾
 3. 生物:中国、タイ、台湾、韓国、米国

上記に物理を加えたニッポンの結果は:

 1. 数学:7位
 2. 化学:7位
 3. 物理:20位
 4. 生物:27位

負けている。中国とか韓国に。(後略)


とあります。
 
 さて,これだけ見ると,「日本はダメだな〜。 科学技術立国なんて全然じゃん。」と溜め息のひとつもつきたくなってしまうかも知れませんが,実を言うと,現実はそういう「情けない話」とは大いに様相が異なっているようです。
 まず,Wikipediaの「国際数学オリンピック」の項を見るとこれまでの日本の順位が書いてあり,2006年の7位は過去最高の成績であることが分かります。 同様に,「国際化学オリンピック」の項によると,順位こそ記載がありませんが,2006年の金メダル1・銀メダル3という成績はやはり過去最高です。 国際生物学オリンピックにはまだ2回しか参加しておらず,しかし,ここでも,2006年には,初参加の 2005年よりも日本人メダリストが増えています。 そして,国際物理オリンピックに至っては,2006年が初参加です。
 年々順位が下がって尻すぼみ傾向にあるというならいざ知らず,これを「苦戦を強いられている」と言い「科学技術力の将来を危ぶむ」と評するのが適切なのでしょうか? むしろ,過去の成績を踏まえれば,数学はじめ 2006年の戦績はなかなかのものと言うべきでは? もちろん,まだ上を目指す余地があるし,目指すべきでしょうが……。 上記「余丁町散人の隠居小屋」の記事のコメント欄にも,

く・・・苦戦とは・・・国際数学オリンピックの7位ってのはたしか過去最高ですよ。何が問題なんです?話の流れを読むと、「昔は実力が高かったのに今はこんな順位になってしまっている」と言いたげですが(NHKがですよ)、日本は昔から平均的な数学力は高かったですがずば抜けた人は少なかったはずです。国際数学オリンピックに参加し始めたのが20年くらい前だったと思うんですが、最初は全然歯が立たなかったんですよ。金メダルが二人なんて、最初のころからは考えられないです。(中略)
国際数学オリンピックは若き天才がチャレンジする場であり、科学技術力だとか経済だとかそんな俗世間とは関係ない話のはずですよ。

というコメントがあり,余丁町散人さんも態度を和らげていたりします。
 ちなみに,Wikipediaによると国際数学オリンピックは「ほぼ高校2年生までの数学知識で解ける構成になっている」とありますが,国際物理オリンピックは「問題は大学院入試レベルの物理の範囲から出題され、日本の高校生が既習でない分野には、特殊相対性理論などが含まれる。」とあり,「国際科学オリンピック」とひとくくりに言っても,その方向性は分野によって違っているようです。
 
 まあ,何がきっかけであるにせよ,科学に関する育成システムに力を入れてくれるというなら,それはそれで悪くない話ではあります。 しかし,育成問題が持ち上がる一方で,その先の問題と言うのもあります。 同じ番組について書かれた「五号館のつぶやき」のこの記事を見ると,

 番組では、日本にも諸外国と同じくらいの比率で、科学における天才は出現しているらしいということはわかりました。当然のことだとは思いますが、同じ日本人としてなんとなく安心しました。

 しかし、科学オリンピックでの成績は振るわず、さらに悲劇的なことに科学オリンピックに出るような人材が、その後科学者になることはそれほど多くなく、医者になるか、金融などの企業にいわゆる「文系就職」しているというデータが出ていました。番組では、驚くべきことにというようなニュアンスで、医者や金儲けに走る科学オリンピック経験者のことを取り上げていましたが、私からみるとあまりにも当然な結果で、それを驚いたり、悲観したりしている「大人」たちのほうが異様に見えました。


実際問題として,効果的な育成があったとしてもその先がいい生き方につながるようでないと,以前採り上げた「ポスドク1万人計画」のときと同様,ノセられた方がバカを見るということになりかねません。 そして,現状,彼ら優秀な人たちにとって,現在のいわゆる理系職が魅力的に見えないというのも,いかにもありそうな話という気がします。 もしそうであるならなおのこと,「育成」の問題は,その先という観点とセットで考える必要がどうしてもあるということになるでしょう。
(そして,いつもこの Blog で書いてるようなことではありますが,僕は,ここで言う「魅力」というのは「給料」とイコールではないだろう,と思っているわけです。 無論,金銭が重要なファクターであることは言うまでもないのですが。)
 


 ところで,なぜ周回遅れだと思いながらも,2週間近く前の番組の話を持ち出してきたのかというと,asahi.com のこのニュースがきっかけです:
 
ロシア国民の3割、天動説信じる 「恐竜時代に人類」も
2007年04月22日15時18分

 「太陽は地球の周りを回っている」—。ロシアで国民の約3割がこう信じていることが明らかになり、関係者の間に衝撃が広がっている。有力紙イズベスチヤがこのほど、全ロシア世論調査研究所から入手した調査結果として伝えた。

 調査はロシアの153都市で、1600人を対象に基本的な科学知識を試す形で行われた。

 この結果、天動説を信じている人は28%に上った。ほかに「放射能に汚染された牛乳は煮沸すれば飲んでも安全」との回答が14%、「人類は恐竜時代に既に出現していた」との回答が30%に上った。 (以下略)


「はてさて,」と,この記事を読んだ僕は思ったわけです。「同じ調査を日本で行なったら,どうだろう?」
…と思ったら,全く同じようなことが既に「[間歇日記]世界Aの始末書」のこの記事で採り上げられていました:

この記事を読んで、「やっぱり、ロシアは遅れているなあ」などと思っている日本人がおったとしたら、怖ろしいほど現状認識の甘い人だと言わざるを得ない。

 それにしても、さすがはスプートニクやボストークで人類の宇宙開発をリードした国だけのことはある。「放射能に汚染された牛乳は煮沸すれば飲んでも安全」と回答した人がたったの14パーセント「人類は恐竜時代に既に出現していた」と回答した人がわずか30パーセントだというのだから、驚異的に科学民度の高い国である。この二問なら、任意抽出した日本人は、まず確実にロシアに負けるとおれは思う。


残念ながら,僕も(そうならないことへのかすかな望みを抱きつつも)この意見には同意せざるを得ないです。 この2問なら日本人はロシアに負ける可能性が十分あり,他の問題が何かは知らないけど,たぶんトータルではどっこいどっこいということになるんじゃないでしょうか。 先日,アメリカでは相変わらず進化論の普及率が低いというニュースもありましたが,そうしたことを加味して考えても,(残念ながら)日本が他の国を笑えるほど高い位置にいるわけではないだろうと思います。
 上記[間歇日記]の記事でも言及されているとおり,以前から「科学技術への関心は日本が先進国中最低レベル」という調査結果も報道されたりしてるわけで,その意味においても,日本がエバれる状況にないことは確かでしょう。
 
 もし,頂上が高い山は裾野も広いというような言い方がここでも成り立つなら,こと科学技術について日本人が自国民に世界最高峰の頂きを要求するのは,はなはだ身勝手だということになります(国際科学オリンピックの成績についても,同じことが言えるのかも知れません)。 日本が科学技術立国でやっていくのだとしたら,これをなんとか変えていかなければいけないことになりますが……う〜〜む。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

環境ホルモン濫訴事件 判決言い渡し

 以前の記事でも採り上げた環境ホルモン濫訴事件ですが,判決が言い渡されました。 詳しくは「環境ホルモン濫訴事件:中西応援団」をご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dixie Chicks 完勝

Grammy_chicks 以前の記事でも取り上げた Dixie Chicks ですが,先日発表された第49回グラミー賞で主要4部門のうち3部門を独占するという快挙を成し遂げました。 いや〜,素晴しいことです。

  • グラミー賞のオフィシャルサイトはこちら
  • 朝日新聞の記事はこちら
 3部門というのを一応書いておくと,Album Of The Year(最優秀アルバム賞)・Record Of The Year(最優秀レコード賞)・Song Of The Year(最優秀楽曲賞)ということで,これら以外に Best Country Performance By A Duo Or Group With Vocal と Best Country Album の2部門を加えた計5部門で受賞,更に,アルバム "TAKING THE LONG WAY" のプロデュースを担当した Rick Rubin が Producer Of The Year, Non-Classical を受賞しています。
 ちなみに,主要4部門の残り1つは Best New Artist(最優秀新人賞)なわけなので,要するに,Dixie Chicks は主要部門を制覇したということになります。 しかも,ノミネートされた全ての部門で受賞したと言うことで,勝率10割 ……う〜む,スゴ過ぎる。
 
 


(以下,快挙とは無関係のつぶやきです。)
 もちろん,グラミーを獲ったからいい音楽,獲らなかったから良くない音楽,なんてことは全くないわけで,音楽にとって,こういう名誉に何の意味があるのか?……という見方もあるでしょう。 現実問題として,こういう賞は業界のお祭りみたいな側面も大きいだろうし。
 まあ,それでも,アーティストの実績をオーソライズするということに何がしかの意味はあるのかな,なんて漠然と考えたりします。 例えば,一見そういうことに無縁そうな科学の世界でも,ノーベル賞を筆頭に意外なほど多くの賞があったりするわけで,実績・業績をオーソライズすることは,ムラ社会のお祭りというだけでなく,ある種の社会的インパクト(あるいはパワー)を持つことにつながるのかも,なーんてことをちょっと思ったり……。
 
 いや,そんなことより,僕たちにとっても,知らなかった素晴らしいアーティストや業績を知ったり,またそれを賞賛するいい機会になりますね。 実際,今回の受賞で Dixie Chicks のことを調べてる人も多いようで,昨夜からこの Blog に来る人も増えています。 昨日はいつもの3倍近いアクセスがあってビックリ!でしたが,こんなところまで来る人がいるということは,いかに Dixie Chicks についての日本語の情報が少ないか,ということなんでしょうかね〜。
 その点で言えば,日本ではカントリー・ミュージックの人気が低い(僕もあんまり知らないというのが正直なところです)から知名度も低いというのは分かりますが,それにしても,読売新聞のこの記事での扱いはどうなんだろう?と思わないでもありません。 見出しもさることながら,「ブッシュ大統領を批判したことで知られる」って……いやはや……。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

祝! COLTS勝利!!

Superbowl_xli 周知のとおり,今年のスーパーボウルSUPER BOWL XLI)は Indianapolis COLTS の勝利!という結果に終わりました。
 
 試合を観た方には当然いろんな感想があるでしょう。 僕としても,もっと天気が良かったらなーとか,Chicago BEARS のディフェンスの凄さをもっと見たかったなーなんてことも思ったりしますが,その一方で,間違いなく現代最高の QB である Peyton Manning も,悲運の闘将 Tony Dungy も,そろそろ栄光をつかんでいい頃なのではないか……とも思っていたので,まず満足できる結果だったという感じです。 内容的にも,勝つべくして勝った,納得の勝利だったと言っていいでしょう。
 
 とにかく,試合前から,焦点は Indianapolis のオフェンスと Chicago のディフェンスのぶつかり合いでした。 Chicago のオフェンスは,プレイオフに入ってから QB の Rex Grossman が絶好調でしたが,シーズン終盤に失速した Indianapolis のディフェンスも,Bob Sanders が帰ってきたりしてかなり復調していたので,まあ,有体に言って Chicago はそれほど点数を稼げるわけではないだろうな……と予想してました。 だから,その(恐らくは)多くない得点の範囲内に相手のオフェンスを抑え込めれば Chicago の勝ち,そうでなければ Indianapolis ……ってわけです。 このところの Indianapolis のオフェンスは,いまいち詰めが甘い感じもあったので,こりゃいい勝負になるな〜〜などと期待してました。
 
 で,試合前は,そうは言っても総合力で Indianapolis かなという予想が多く,僕もそうだったわけですが,当日はなんと,スーパーボウルでは見たこともない(どうやら史上初らしい)大雨になりました。
 天候が悪いときはディフェンスのチームに分がある(ボールのハンドリングに支障があるのでボールキャリアーには分が悪い)という話もあるので,「こりゃ,Chicago の線も出てきたぞ」と思っていたんですが,その予想が的中したかのように序盤は Chicago のゲームでした。 Devin Hester の驚きの試合開始1プレイ目でのリターン・タッチダウン(まさかホントにやってしまうとは!),更に RB Thomas Jones のビッグプレイが飛び出して先行,Indianapolis は苦しい立場に立たされたな〜って感じでした。 キックでミスがあったり,他にも細かいミスが目立ったのも,苦境を際立たせましたね。
 
 ところが,お互いボールが手に着かないファンブル合戦(?)の中,徐々に Indianapolis のオフェンスが機能し始めて,いつもよりランを増やした構成の攻撃で第2クォーター終盤に逆転。 前半の間はまだミスもあってどうなるか分からない感じでしたが,後半に入ると,つかんだ優位を手放さないまま時間をどんどん経過させ,Chicagoにつけいる隙を与えないまま逃げ切る結果になりました。 後半最初の攻撃シリーズで第3クォーターの半分を費やし,ジリジリと相手ゴール前までボールを運んで点を取ったあたりが,Indianapolis のゲーム支配を象徴していたように思います。
 
 Chicago にとって痛かったのは,何といっても予想以上の攻撃の不調でしょう。 Grossman は,風雨のせいもあるとは言え,「おい,最近の好調はどこへ置いてきたんだ?」と言いたくなる出来で自滅してました。 1st ダウンがあそこまで全然取れないのでは,いくらなんでもキビシイ。 ディフェンスは,ボールを支配されていたとは言っても後半はタッチダウンを許さず,「Indianapolis が相手だと思えばまあしょうがない」と思える得点範囲に抑え込んでいたという見方もできるわけで,ビッグプレイ以外では得点できず,時間も使えなかったという意味で, Chicago のオフェンスが予想以上にダメダメだったことが勝敗を分けたという気がします。 ……しっかし, Chicago は,良くも悪くも Grossman に振り回された1年でしたね。
 
 それにしても,今回のプレイオフ,Indianapolis は,ワイルドカード・プレイオフからスタートして,AFC 最高のディフェンスを擁する Baltimore RAVENS,ここ一番に強い試合巧者の天敵 New England PATRIOTS,そして NFC 最高のディフェンスの Chicago BEARS を撃破しての NFL 制覇ですから,およそ文句のつけようのない優勝です。 試合終了の瞬間,ようやく念願を果たした(人の良さそうな)HC Dangy が喜ぶ様子は感動的でした。
 
 
 そうそう,Billy Joel の国歌はやや期待はずれでしたが,Prince のハーフタイム・ショーは素晴らしかったですね。 雨の中とは思えないパフォーマンスだったし,大雨の中の "Purple Rain" というクライマックスも(お約束という話もあるでしょうが)いいものでした。


 ということで,今シーズンも終了です(まだプロボウル(オールスターゲーム)が残ってますが)。 Pittsburgh STEELERS の HC Bill Cower もついに勇退だし,相変わらず,NFL は次のシーズンが全く予想できません。 今シーズンの New Orleans SAINTS のように,きっとまた,思ってもみなかったチームが頭角を現したりするんだろうな〜。 そういうのを楽しみにすることにして,とりあえず,僕の部屋のビデオは繁忙期終了なのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フローレス人論争は次の段階へ?

 果たして新種なのかどうか,まだまだ論争が続くフローレス人(以前書いた記事はこちら)ですが,「科学ニュースあらかると」によると,新種説に新たな援護射撃が加わったようです。

# 「ホビット」達はやはり人間とは別の種だった (科学ニュースあらかると)
 (ちなみに,もとの記事はこちらです。)
参考までに,これまでの経緯は,[ EP: end-point 科学に佇む心と身体Pt.2]
# まだまだ続くフローレス人論争
# 炎上続行:まだまだフロレス原人は新種じゃない
の2つの記事に,見事にまとめられています。

 以前の記事でも採り上げたとおり,個人的には,新種であってくれるほうがワクワクする話なので,そういう決着にならないかと思っているわけですが,もちろん,そのことと,本当はどうかということとは,全く別の話です。
 
 追加の発掘調査をする許可も下りそうだということなので,まだまだ新たな展開が楽しめる可能性が高まってきましたね。 ドラマの続きに,期待大です。

| | Comments (0)