2010年のベスト (2/2)

 ということで,2010年のベスト,後半です。



[印刷物部門]
 
科学と神秘のあいだ(菊池 誠,双書Zero)
科学と神秘のあいだ このBLOGでも紹介したことのあるきくちさん(阪大)のエッセイ集。 物理学者の書いたエッセイというだけで大半の人は逃げて行っちゃうのかもしれませんが,難しいところはなく,そもそも物理の話でもなく,きわめて読みやすいエッセイが並んでいます。
 ところで,全然関係ないことですが,僕は多くの人から,冷静・冷ややか・理屈っぽいなどと言われたりします。 そうした評価には,まあシチュエーションにも依りますが,概ねネガティヴなニュアンスが込められているようです。 端的に言えば「人間味がない」ってヤツでしょうね。 こういうのは周りから見てどうなのか?というのが重要で,自分から「いや,オレは人間味にあふれている!!」などと力んでみてもしょうがないわけなので(っつーか,そんなことを自分で言うヤツがいたら,あんまり関わりたくないかも (^^;),まあ,みんなが言うなら多分そのとおりなんだろうなと思ったりします。 ……で,きくちさんに面識があるわけではないので,どういう方なのかは知らないし,勝手に同類にされてもハタメーワクなだけでしょうが,物理学なんかやってる人となると,同じような方向の先入観を持たれそうだな……という気がしたりします(←僕の偏見かもしれませんが,たぶん,そうでもないでしょう)。 いわく,「世の中,リクツだけじゃないんだよ!」ってなわけです。 またまた同列に扱うのもなんですが,僕にしろ,物理学者の人にしろ,多かれ少なかれ「(いわゆる)人間的」な部分はあるし,いろんな感情も持っている。 というか,科学者の「(いわゆる)リクツ」に代表される科学的な見方・考え方は,むしろ訓練によって身に着けてきている部分も大きいと思います。 この本は,そのような多少なりとも偏見にまみれた「リクツ」の部分と,それでは割り切れない「感情」の部分を,科学者と言われる人たちがどのように折り合いをつけて日々を過ごしているのか? ……そういったところを垣間見せてくれる興味深い文章が並んでいます。 軽い読み物だし,しかも一読の価値アリと思います。
 この本については「科学と生活のイーハトーヴ」の秀逸なレビューがあるので,そちらもご覧ください。

代替医療のトリック(サイモン・シン, エツァート・エルンスト,新潮社)
代替医療のトリック 上の「科学と神秘のあいだ」とは違って,お手軽に読めるとは言いがたいんですが,一般向けとしては若干とっつきにくいかも知れない……という程度で,あくまで一般向けとして十分分かりやすく書かれています。
 この本は今後「代替医療」を考えるときに,まず押さえておきたい「リファレンス」みたいなものになるのではないかと思います。 代替医療に興味あるかたは,まずは一読をオススメします。
 世の中,妙なものを勧めてくる人は多いし,それらの中には,本当に「よかれ」と思ってそれを勧めてくる場合も少なくありません。 もちろん,「善意で勧めている」ことが必ずしも免罪符にはならない。 むしろ,善意で勧めていることが分かるだけに,断りにくいなんてこともあります。 こと「代替医療」に関する限り,この本を読んでおくことは,そういったものに対処するときの基本的な態度を作るうえで役に立つのではないかと思います。 お手軽ではないなどと脅かしといてなんですが,興味ある人はもちろん,(僕の本音では→)普段こういう本を読まない人にこそ,ぜひ読んでほしい1冊です。

 
[映画部門]
 
(次点) キック・アス
Kick-Ass 去年は映画自体あんまり観なかったのでした。 で,観た中ではこれですね。 ヒロインのあまりにカッコイイアクションシーンが語り草になっているようですが,そういうこと以前に,とにかく話の着想の時点で「ワザアリ」なわけで,失笑モノのギャグや無駄にグロいシーンなども交えつつ,でも,一人の少年の成長譚として良くできていると思いました。 かつて変身ヒーローものに心熱くしたことがある人なら,見て損はない映画でしょう。

 
[BLOG記事部門]
 
「井上俊彦のメディカル・イーティング」に学ぶ情報商材のノウハウNATROMの日記
 2010年もネット上の文章をたくさん読みましたが,上で書いた本,それから他に読んだいくつかの本を加えて考えても,この記事,というより,この記事の最後の「まとめ」の,特に最後の段落は,去年一番強く印象に残った文章かも。 まだ読んでないかたは,ぜひ一読をお勧めします。
 


[(番外) 2010年のワースト]
 2010年もミュージシャンの訃報があれこれありましたが,その中でも,個人的に最もショッキングだったのは,Little Feat のドラマー Richie Hayward の訃報でした。
 以前も書きましたが,Little Feat の再結成後の来日公演は,僕のこれまでのベストライヴの1つです。 強者揃いのメンバーの演奏は期待を遙かに上回るものでしたが,その中でも,Richie Hayward が見せるその時々の閃きと,それを強引なまでのノリで体現して聴き手をねじ伏せる強力さは圧巻でした。 僕はそれなりにいろんな有名ミュージシャンのライヴを観てきましたが,ナマで観たドラマーの中で「天才」という言葉に最も近いのはこの人だろうと思っています。 合掌。
 ちなみに,Little Feat は,女性voの Shaun Murphy も 2009年に脱退しており,既に新drを加えて活動を続けているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゲルマニウムの末路(?)

 もうずいぶん前に報道されてる件ですが,以前こういう記事を書いたりもしたので,一応リンクしておきます。

体に良いとうたうゲルマニウム使用のブレスレット国民生活センター

そのものズバリ,

テスト対象銘柄に表示されていたゲルマニウムの健康への効果は、文献調査及び製造・販売業者に対するアンケート調査を実施したところ、根拠となる科学的データが確認できなかった。ゲルマニウムブレスレットを購入する人は健康への効果を期待すべきではない。

と書いてありますね(太字強調は引用者による)。

 詳しく知りたい方には,上記ページの下のほうにリンクされてる pdfファイルをオススメしときます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポスター

 久しぶりに見に行った「前野[いろもの物理学者]昌弘のページ」でみた阪大の大学院理学研究科物理学専攻のポスター
 わははは。 ホントにこういうのを作ってしまうとは。(^o^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不安の中を生きる

 久々の更新です。 さすがにここを訪れてくれる人も減ってきたようなので,心機一転モードという感じです。 ちなみに,この間,けっこうあれやこれやと忙しかったんですが,その合間に,写真のようなところに行ったり……ってなこともしていたのでした。(^^)
 
Xian
 



 さて,大上段にふりかぶったようなタイトルですが,何のことはない,以下の記事を紹介するというだけのことです:
 
うねやま研究室●新型インフルエンザの安心宣言から「安全・安心」を考えるFoodScience
 
"FoodScience" そのものは有料サイトですが,「うねやま研究室」だけは畝山さんの立場もあってか,掲載後1週間経つと無料で読めます(ハッキリ言って,オススメです。 バックナンバーもぜひどうぞ!)。
 
詳細はリンク先を読んでもらうとして,ひとまず2ヶ所だけ引用します:

 (ニューヨーク市が一般市民向けに出した情報でとっているのは(←引用者補足))何らかの危険情報に接したときに不安になるのは当然である、というスタンスです。そして、その不安を抱えながら正常な日常生活を送るのが大人にできることであり、(中略)。特に子どもはストレスの多い状況を理解する能力が未熟なために不安が強くなりがちなので、子どもには特別なケアを求めています。
 
(前略)(FDAやUSDAが行なう(←引用者補足))記者会見で説明しているのは政治家ではなく、問題についての専門知識を持った科学者たちです。この時出てくる「専門家」や「科学者」は、FDAやUSDAの職員である公衆衛生や食品安全全般への理解のある人たちであり、特定の分野だけに特化したいわゆる「専門馬鹿」でも、急遽呼び出されたほかの仕事を持っている人でもありません。(中略)行政機関に科学者がそれなりの地位で在職しているということの強みを感じさせます。そして議事進行を担当しているのはメディア対応やリスクコミュニケーションが専門の職員です。

前者は,「大人である」とはどういうことなのか?ということについて,ちょっと考えさせられる部分ではあります。 そして後者は,日本においてこれから重視していかなければいけない部分だと思います。 これまでも書いてきたことですが,いわゆる専門家の能力を生かせる場はたくさんあるはずだし,そういう場を作っていくことが(社会にとっても)重要と思うわけで。

 上の話と直接対応する話ではないですが,なにしろ現実にはこういうことも起こってたりするわけで,出来ることなら何かいい方向に変えていきたいもんです。 ちなみに,これについては,こちらや,あるいはこちらでも言及されていますが,特に後者は,日本学術会議会長という肩書きから来るカタい印象とは裏腹に,非常に読みやすく分かりやすい文章で,これまたオススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近読んだ記事 (11)

 小出しにしてる感がなきにしもあらずですが,僕の中で新鮮なうちにご紹介:

5号館のつぶやき」の「鼻はどうして片方ずつつまるのか」経由。 う〜む,なんて便利に出来てるんだろう。 それはそうと,「5号館のつぶやき」の stochinaiさんが書いている
鼻がつまる時、両方ともがつまることもありますが、横を向いて寝ている時には、下側にある鼻がつまります。そこで、反対側を向いてしばらくしていると、砂時計のように新しく下側になった鼻がつまり、上側になった鼻が通るという現象があります。(皆さんもそうですか?)
については,確かにありますね〜。 でも,コメント欄のかた同様,僕も「重力のせい」と単純に考えていました……もっと何かスゴイ仕組みがあるのかな?
 
空中キャンプ」は,愛読しているのにここでは紹介したことがない…というのを思い出したので,2つほどご紹介。 両方とも最近の記事ではないんですが,「おたんじょう会の粉砕」なんか,せっかくここに書くためにクリップしていたのに,それを忘れてしまっていたのでした。 ……それにしても,この人の文章,なんか好きなんだよな〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近読んだ記事 (10)

 久々の更新です。 この間,わりと忙しかったのもさることながら,イマイチ何か書こうという気分にならなかったんですが,この3連休思いっきり遊び呆けたおかげか,ちょっとだけ活性化したようです。 ……ってなことで,最近読んだ記事をとりあえず2つばかり紹介します:

普段はニセ科学的なものや医療問題について舌鋒鋭い記事を書く NATROMさんですが,この記事はそういうものではありません。 病院を舞台にした「ちょっといい話」って感じかな。
 
 で,上の記事にトラックバックを送っているこちらも紹介しておきます:
こちらは,へヴィーな話は読みたくないという人には決してオススメしません(←僕が普段ここに書いてるようなものでも「重たい」という感想を持つ人もいるようなので,そういう方への警告の意味をこめて。 正直,僕の書いてることなんて,この記事の前では,ヘリウムガスで膨らました風船のようなもんです)。 でも,僕と同様,これを読んで様々なことを考えさせられる人も多いのではないかと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

恐るべき(?)食育の世界

 久しぶりに見にいった「荻上式」にスゴイ記事が:

 とにかく内容はリンク先を見てもらうとして,
  「これって陰謀だわ」
  「よくわかんないけど陰謀だ!」
  「大陰謀だ!」
には大笑い。 ……流行らせたい(^^;。
 
 この記事,既にかなり話題になっているらしいですね。 さすがにみんな笑っちゃってるようですが。
(でも,きっと,こういう冊子を真に受けちゃう人もいるんだろうな〜。 ……う〜む……。)
で,この記事を読んだ直後に,いつもここで紹介してる「食品安全情報blog」を見にいったら,なんとここでも既に言及されてました:
この uneyamaさんの記事以上に付け加えることも特になさそう,という気がします。 コメント欄のくろうさぎさんもイイところを突いているなあ……などと思ったり。
 
 ま,実のところ,「食育」ということで今なにが行なわれているのか,僕は知らないので,正直,今日のタイトルは誇大広告ですね ……失礼しました(^^;。


[追記]
 ココログが不調でエラー出まくり。 何度も保存操作を繰り返すハメになったと思ったら,結局11回も保存されててビックリ!
 まったく,何やってんだか。>ココログ
 最新日記の欄が「恐るべき(?)食育の世界」で埋め尽くされたマイミクのみなさま,たいへん失礼いたしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近読んだ記事 (9)

 ↑同じ題名で書いてるとワケが分からなくなるので,番号を振ることにしました。
 
(1) ブログでバイオ 第41回「私が博士課程に進学しなかった理由」幻影随想
 こちらの記事も併せてどうぞ。 それにしても,こういう方面に力を注がなくなってしまったら,この国はいったいどうなってしまうんでしょう。
(実は,触発されて僕も関連記事を書いたけど,あえなくボツに。(^^;)
 
(2) ナノテク研究のクールな実験装置:画像ギャラリーWIRED VISION
 僕のオススメは最初と最後でしょうか。 メタリックな輝きが美しさを醸しだすのかな。

(3) 5/20(火)コラムの花道TBSラジオ ストリーム
 「ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記」のこの記事経由。 「最近読んだ」というより「最近聴いた」ですね。
 人工蝸牛の移植手術により,生まれて初めて聴覚を得た(=音を聴くことが出来るようになった)老夫婦を追うドキュメンタリー映画「HEAR AND NOW」について。 とても興味深く,かつ感動的です。 観たいけど,残念ながらこういう映画が日本で公開される見込みはないんでしょうねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近読んだ記事

 もはや最近とは言えなくなってしまったものもありますが,4つほどご紹介。

(1) 恐怖のマコモ風呂幻影随想
 うわ〜〜,恐ろしすぎる。(食事中には読まないでください。)
 
(2) 梁文道:チベット問題の最大公約数を探る思いつくまま
 「
梶ピエールの備忘録。」のこの記事経由。 昨今の情勢に嫌気が差して距離を置いている人もいるかもしれませんが,そういう人にも必読の文章と思います。 翻訳してくれた sinpenzakkiさんに感謝。
 なお,先日の長野の件については,僕の友人も(話題になった)mixiの日記を紹介していましたが,mixiの外のネット上だと,例えばこの辺(および,それに続くこの記事など)に同様の報告があります。 こういったマスコミに載らなかった情報が(かなり直接的に)得られるというのは,ネットによる情報の面目躍如と言っていいかも。 ……こういう話になると,感情的な反応を抜きに判断するのが難しくなりますが,しかし,一方でこういう人も存在するらしい(リンク先の記事以降の一連の記事をご覧ください)ということは心に留めておくべきでしょう。
 
(3) 「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』Wired Vision
 (続きはこちら。)
 わははは。(^o^)
 前身の "HotWired" の頃から,Wired Visionってときどき日本の文化を妙に褒め称える記事を載せたりしますが,ここまで褒められると,やっぱり日本人として何とはなしにウレシクなるもんですね。
 
(4) 食べ物、有害な食べ物食品安全情報blog
 「昔は良かった」とか「昔の商売人はまじめだった」とか言う前に。
 イギリスの話だから,日本は違うと見ることも出来るかもしれませんが,まあ,たまにはこういうのを読んで,今に比べて昔がよかったわけでもないこと,今,僕たちがどれだけ安心できる場所に到達しているのかということ,を再認識して,多少の安らぎを覚えたりしてもいいのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近読んだ記事

 まず,遅ればせながらですが,やはり,亡くなったアーサー・C・クラークのことに少しだけ触れておきたいと思います。
 僕はクラークの熱心な読者とはとても言えませんが,それでもやっぱり彼は巨人であったと思います。
 ただ,彼を筆頭に,SF作家のことがマスコミに載るときって,どうして「(その作家の書いた未来像が,現実と比べて)当たった/当たらなかった」という話ばかりになりがちなのでしょうか。 ぶっちゃけ,猛烈に違和感あります。 SF作家の仕事は未来を「言い当てる」ことではない ……そんなことは,名作と言われる作品をほんのちょっとでも読んだことがあれば分かると思うのに。
 クラークは,そのハードな作風のせいもあってか,「2001年 宇宙の旅」という年代を区切った名作を出したせいもあってか,更には実際にすばらしい実績があったせいもあってか,よく「彼の予言が実現した/しなかった」みたいなことを言われる作家ではありましたが,そのクラークにしても,生前,何かのインタビューで「SF作家は予言者ではない。 起こりうる可能性としての未来像(ヴィジョン)の1つを示しているだけだ。」というような趣旨のことを述べていたと記憶してます。
 「当たった/当たらない」なんかじゃなく,彼の遺してくれたファンタスティックな未来像の数々に,そして,あえて現実との関わりで言うなら,その描いた素晴らしいヴィジョンによって(この現実の世界の宇宙開発などにまで)力を与え続けてくれることに,敬意と感謝を捧げたい。 そう思います。
 



 さて,今日は新旧交えて3つばかり紹介します。
 
(1) フランス医療制度の危機ル・モンド・ディプロマティーク(日本語・電子版)
 医療の危機(崩壊)という問題も,最近はようやく医療従事者を叩くだけではない記事が見られるようになってきた印象があります。 ……といっても,主流は相変わらず「叩く系」ですけどね。
 正直なところ,僕は日本のことも良く分かってないので,ましてやフランスのことなどさっぱりですが,この記事を読む限り,フランスの医療政策も,やはり日本と類似の総額抑制の方向に動きつつあり,それがあちこちに歪みをもたらしているということのようです。 ただ,なんとなく,まだフランスのほうが危機といってもまだ余裕あるような気がしないでもありませんが。
 
(2) 一度は泊まってみたいデザイナーズホテル特集SPIRAL MARKET
 いや〜,これは「行ってみたい」欲求を刺激しますねー。 たまには,こういうのを見て旅妄想に浸るのも悪くないかも。
 
(3) ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 (Valentina Lisitsa (p))YouTube 「のだめカンタービレ」のドラマ化のおかげか,今の日本でクラシックというと,ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番かベートーベンの交響曲第7番か……ってな状況のようですね。 …って,これは前にも紹介した "S.Y.’s Blog" からの受け売りで,僕自身はクラシック界の動向のことは良く知らないんですが。
 で,同BLOG のこの記事経由で知った演奏です。 まあ正直なところオケには「ありゃりゃ?」みたいな面もあるんですが,とにかく全編を通じてドライヴ感(という言い方が適切かは異論あるでしょうが)あふれるピアノが素晴らしくて,クライマックスでは思い切り感動してしまいました。 YouTubeは画質も音質もヒドイもんですが(最近,高画質オプションができたようですね),そういうのを超えてくる感動ってあるよな〜,と改めて思ったり。
 僕も,ご他聞に漏れず「のだめカンタービレ」のおかげで,このところ久々にそういう方面の曲も聴いたりしてるわけですが(まったく,思うツボです(^^;),なにしろ,僕がこのジャンルを聴いてたのはずいぶん昔なので,聴きたくても手元に音源が全く残ってなくて参りました。 当時は,モノラルのラジカセで,しかもイヤホン(WALKMAN以降に普及した音のいいタイプじゃなくて,旧式の耳に突っ込むヤツ)で,FM放送をがんばって聴いたりしてたわけで,今にしてみれば「よくやってたもんだな〜」と思います。 そのころを考えると,mp3だと音質が劣化するなんてのは(←僕自身そう言ったりするけれど)ずいぶんとゼイタクな話であるわけで,ホント,いち音楽ファンとして技術の進歩に感謝すべきでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧