« た,たのしい〜 | Main | 2009年のベスト (1/2) »

Basia at Blue Note Tokyo

 本当にひさびさに活動再開した Basia のライヴを観にいきました(Blue Note Tokyo)。
 
 新譜 "IT’S THAT GIRL AGAIN" 発表に合わせたツアーの一環ということですが,フロントは Basia 本人と2人の女性コーラス,バックは Danny White の key にgと tp を加えた3人で,bは曲によってgが兼任,tpの人はソロのとき以外は perc を演奏(更にときどきコーラスも)……ということで,かなり小編成・小音量という感じの編成でした。 僕はラッキーなことに客席のほぼど真ん中の位置に座ることができました。

 実は,なまBasiaを観るのは今回が初めてだったので,始めにこういうことを言ってしまうのはどうかと思うんですが,彼女がステージに上がってきたときの第一印象として,正直,ヴィジュアル面については月日の流れを感じないわけにはいきませんでした(^^;。 この点についてこれ以上のコメントは控えますが(^^;;,なにしろ Basia 名義のアルバムは,ベスト盤を除くと 1995年のライヴ盤 "BASIA ON BROADWAY" までさかのぼるわけで,それからなんと14年も経っているんですねー。 だから,まあ仕方ないことなんですが,ちょっとショッキングな現実ではありました。
 
 さて,肝心の歌のほうですが,これが(驚いたことに)かなり音程に難アリでした。 ステージが進むにつれて徐々に持ち直したんですが,それでも安定感がいまひとつという感じで,加えて,高音域は苦しそうでした。 ちなみに,Basia の以前のコンサートの模様をいくつか YouTube で観ることができますが,そこではそういう不安定感はあまり感じられず,自信に満ちたステージングが印象的です(下は 1994年のワルシャワでのコンサートから)。 ……ということで,この日たまたま不調だったのかもしれませんが,どちらかというと,これまた長すぎたブランクのせいかなと思いました。 数年前の Matt Bianco への再参加というのはあったにせよ,それも結局は1回限りのものだったし,最近出た新譜の歌声もやや衰えを感じるものだったし……,率直に言って,この点はかなり不満に感じる部分でした。

 
 ……などと悪いことばかり書くと,まるで僕が不満タラタラで会場を後にしたかのようですが,そうではありません。 実は,かなり満足度高いライヴだったんです。
 
 Basia の歌声は CD で親しんだイメージのまんまで,上で書いたような点はあるにせよ,ハーモニーパートや歌の「ここぞ」という要所はしっかり締めてました。 バックの演奏も少人数ながら不足感を感じさせることなく,tpソロなんかかなりいい感じでした。
 
 そして,(個人的には)Basia といえばなんといっても広い音域を駆使した華麗なコーラスワーク…ということで,これがライヴの場でどうなるのかが僕がいちばん楽しみにしていた部分だったんですが,それがもうホントに素晴らしいものでした。 なにしろ,Basia 含めたフロント3人で歌いだすと,こっちはもう夢中,釘付けです。 バックの音が少ない分,コーラスの響きが際立ち,おおげさな話でもなんでもなく,コーラスワークについてはスタジオ録音盤を超えてるのではないかという気分になりました。 それから,途中,コーラスの2人がそれぞれ1曲ずつリードヴォーカルをとって歌ったんですが,これがまた2人とも素晴らしくて,少なくとも僕が見たこの日については,2人とも Basia 本人を完全に凌駕していました(← ファンにとってはこれまた切ない現実なのかもしれないけど,正直,この2人にもっと歌ってほしいと思ってしまいました)。
 
 それからもう1つ,改めて印象に残ったのが「曲の良さ」です。 MC は「次の曲は ××。 こんな曲です」と言う程度で,ひたすら次々と曲を演奏し続けるという展開だったんですが,その「次々出てくる曲」というのが例外なくどれもいい曲だというのは,やはりスゴイことだと思いました。
 
 ということで,終わってみれば,いい楽曲が過不足ない演奏と素晴らしいハーモニーワークで次々演奏されて,それをド真ん中の席でゆったり聴く……という(ある意味)贅沢な時間になったのでした。
 Basia には,ぜひ今後もコンスタントに活動してほしいものです。 まだまだ,あの曲もこの曲も,ライヴで演奏してほしい曲はたくさんあるんだから。

|

« た,たのしい〜 | Main | 2009年のベスト (1/2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38221/46550015

Listed below are links to weblogs that reference Basia at Blue Note Tokyo:

« た,たのしい〜 | Main | 2009年のベスト (1/2) »