« December 2008 | Main | February 2009 »

2008年のベスト(2/2)

 ということで,2008年のベスト,後半戦は音楽関連と展覧会部門です。
 
[CD部門]
 
Annekei "TSUKI"
Annekei 2007年の作品なんですが,2008年に入ってからいっそう気に入ってしまったのでした。 恐らく,2008年に最もよく聴いたCDでしょう。 とにかく1曲目から清潔感あふれる美しさに,すっかりトリコです。(^^) アクがなさ過ぎて物足りない人もいるのかもしれませんが,今の僕は,こういうのがいいみたいです ……というか,2007年の Alison Krauss といい,これといい,このところ,「綺麗な音楽を,きちんと綺麗に表現する」ということに自分の関心が向かっているのを感じます。 同時に,何の反動か,アコースティックな音に嗜好の揺り戻しがきているのかな?と自己分析したりしてるのでした。

Marcin Wasilewski Trio "JANUARY"
Marcin_wasilewski_trio たまたま塔盤屋の試聴コーナーで見つけて買ったんですが,これもよく聴きました。 これまた美しい作品です。 幻想的な風景をイメージさせながら,時に自己の内面に沈み込んでいくような静かな緊張感が漂います。
 ECMやらヨーロッパのジャズやらをあまり聴いてないので,ひょっとしたらこういう方向性の作品は珍しくないのかもしれないんですが,もしそうだとしたら,そっち方面に詳しい方に,ぜひ推薦盤を教えていただきたい……と思う今日この頃です。

 
[ライヴ部門]
 
The Brand New Heavies (at Billboard Live)
 2008年はあんまりライヴに行かなかったような気がします。 もちろん,Tower Of Power の 40周年記念ライヴは素晴らしかったんですが(いつも最終日あたりには疲れが見える Larry Braggs (vo) も,今年は元気だったし),毎年 Tower ばかり挙げるのもなんなので,今年は The Brand New Heavies (BNH) を挙げときます。(でも一応書いておくと,Tower Of Powerのライヴは,だまされたと思ってでも何でもいいから,みんなぜひ1度観にいって欲しい!と思います。)
 そういうのをやるバンドをやっておきながら,N'Dea Davenport (vo) がいる BNH を観たことがなかったので,とりあえず行っとこうか……ってな感じで見に行ったんですが,……いや〜〜,やっぱり彼女が加わると違いますね。 楽しいライヴでした。
 こういうと誤解を招くかもしれないけど,N'Dea Davenportって,決して「圧倒的な歌唱力を持った歌姫」みたいな存在ではないように思うわけですが,しかし,なぜか魅力的なんですね。 なにか「高揚感」みたいなものを感じさせる存在で,目が離せない……というわけで,ずっと彼女ばかり追ってしまいました。 で,またまた暴言を吐いてしまえば,演奏面において BNH は決して「めちゃめちゃ上手い」という印象は受けないバンドなんですが,N'Dea Davenportとの組み合わせだと,いい化学反応みたいなものが起きるように思います。 このままこの組み合わせが続いてくれるといいんですが。
 
 
[展覧会部門]
 
ヴィルヘルム・ハンマースホイ展(国立西洋美術館)
 2008年に観た展覧会では,やっぱりヴィルヘルム・ハンマースホイ展が良かったな〜と思います。 これについては以前書いたので,詳しいことはそちらを見てほしいんですが,CD部門のほうで挙げた Marcin Wasilewski Trio "JANUARY" といい,ハンマースホイ展といい,2008年は大げさに言えば「静けさの中にある美」みたいなものに価値を感じた1年ではありました。
 ハンマースホイ展以外だと,フェルメール展も予想以上に楽しめました。 フェルメールについては,以前1点だけを目玉にした展覧会がありましたが,そのときはあんまりじっくり観させてもらえないやりかただったので,正直「………」という感じでした。 でも,(それが不評だったからかどうかは知りませんが)今回は点数も増えて,わりとじっくり観ることができたので,良かったですね。 ……展覧会は自分の間(ま)で観たいものです。 混雑してるときは仕方ないのかもしれないけど,「ハイハイ,立ち止まらないでください」みたいな見せかたはカンベンしてほしいですからね〜。
 
 



 ということで,2009年も楽しい出会いがあるよう,アンテナを張っていこうと思うのでした。 みなさま,今年もよろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008年のベスト(1/2)

 遅ればせながら,あけましておめでとうございます。
 
 振り返るタイミングが遅いっていう話もありますが(^^;,どうにもこうにも怒涛のように過ぎた2008年でした。 その影響か,ここに書いた記事も少なかったですね。 更新のモチベーションを上げる何かを自分の中に作らないと……などと思いつつ,みなさまの感想などお待ちしています……なんてことも書いてしまうのだった。(^^;;
 
 ということで,またしても年を越してしまいましたが,とりあえず書きます「2008年のベスト」。 今回も2回に分けて去年出会った「良かったもの」たちをご紹介です。 まずは,前半戦ということで,印刷物部門と(珍しいことに)映画部門です。
 
 
[印刷物部門]
 まずは印刷物部門です。 2007年のベストを書いたときは,2008年はもっと本を読もうなどと思っていたのに,フタを開けたら,むしろ読書量が落ちてしまったのでした。 ……う〜〜む。
 
文明崩壊(上) 滅亡と存続の命運を分けるもの (Jared Diamond,草思社)
Collapse 実は,これ,まだ下巻を読了してないんですが,このままだと 2008年にも 2009年にも含まれなくなりそうなので,挙げときます。
 過去において失われた幾つかの文明について,その理由を環境との相互作用の観点を重視しながら解説,そこから我々の文明のとるべき道を探ろうというものですが,上巻で紹介される,歴史上のさまざまな文明の崩壊のさまが,なんとも言えない感慨を呼び起こします。 なにしろ上下巻の分厚い本で,僕は現在,下巻の半ばなので下巻についてのコメントは控えますが,とりあえず,上巻はオススメです。

アフリカ 〜苦悩する大陸〜 (Robert Guest,東洋経済新報社)
Shackled Continent これまであまりに無関心だったせいもあってか,アフリカの状況について先入観すら形成されてない状態だったので,この本に大きなショックを受けるというところまではいきませんでした。 しかし,アフリカの種々の問題がはらむ難しさを,これでもかと指摘され,その厳しい現実の前に言葉をなくします。
 アフリカへの援助ということを,有名人がキャンプを訪問してかわいそうな子供を抱きしめてあげたりすることだと思ってる人(←そんな人,あんまりいないと思いますが),そうでなくても,日本は大金を援助に供出しているからそれでOKと思ってる人,それから,僕のようにあまりに何も知らない人,……みな,一読の価値があるのではないかと思います。
 それから,「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」のこの記事あたりで知った「アフリカ・レポート (松本 仁一,岩波新書)」も,比較的近い趣旨ではありますが,コンパクトで読みやすく,こちらもいい本だと思いました。 ……もっとも,終盤,読者に希望を与えておいて,最後にまたキツイ現実をつきつけるという展開には参りましたが。


 
[映画部門]
 本は読まなかったけど,なぜか今年は例年よりもたくさん映画を観たような気がします。 といっても,その「例年」ってヤツが「ほとんど観ないに等しい」ってな調子なので,絶対数では全然たくさんじゃないんですが。
 
ヤング@ハート
YOUNG@HEART それにしても,どうにも偏ってることに,観た映画のかなりの割合をドキュメンタリーが占めていたりします。 で,ベストは,やはりこれかな?というわけです。
 いやー,実際これには参りました。 ネット上で誰かが「これはズルイ。 こんな題材を撮ったら面白くならないわけがない」みたいなことを書いてましたが,確かに,どうあがいても(って,別にあがいてはいないが)感動せずにはいられない映画でした。 (僕も含め)多くの人が感動し,なおかつ幸せな気分で映画館を後にしたのではないかと思います。
 個人的には,映画の大枠(コンサートの準備開始から当日までの紆余曲折を追いかけたドキュメンタリーです)ももちろんですが,随所で出てくるパフォーマンスの素晴らしさにもヤられました。 彼ら・彼女らが歌う,そのことによって,有名なあれこれの曲に,企まずして全く新しい解釈が吹き込まれている……ということに,ガッチリ心をわしづかみにされてしまったのでした。

敵こそ、我が友 〜戦犯クラウス・バルビーの3つの人生〜
Klaus Barbie エラそうに言ってしまえば,これは秀逸なドキュメンタリーでした。 本来なら戦犯として裁かれてジ・エンドだったはずが,戦時・戦後の国際関係の波に呑み込まれ,というか,結果的にはその波に乗ることによって生き残ることが出来た1人の人間の数奇な生涯を追った作品ですが,僕も含め恐らくほとんどの人が,主役であるクラウス・バルビーに決して好感をもてないでしょう。 しかし,彼を利用しようとする国際政治の思惑が,結果的には彼を救うことになります。 観終わって,なんとも言えない苦い後味。 でもそれが現実なのだ,ということがまたズッシリとのしかかってきます。

(次点) 僕らのミライへ逆回転
 これはドキュメンタリーじゃなくて普通の映画です。 以前,町山智浩さんが BLOG で紹介していたので気になっていて,日本公開されたということで観にいきました。
 この邦題はどうかと思いますが,中身のほうはなかなか良いものでした。 ドタバタコメディそのものの前半から,最後にはジ〜〜〜ンとさせる……と書くと,喜劇の王道みたいな展開ではありますが,その「ジ〜〜〜ン」が,僕達が何かを作ったり表現したりする,その根っこの部分に想いを馳せずにいられないものだったりして,そこに見事にヤラれてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »