« Silhouette Illusionと右脳・左脳 | Main | かなしい… »

最近読んだ記事

 まず,遅ればせながらですが,やはり,亡くなったアーサー・C・クラークのことに少しだけ触れておきたいと思います。
 僕はクラークの熱心な読者とはとても言えませんが,それでもやっぱり彼は巨人であったと思います。
 ただ,彼を筆頭に,SF作家のことがマスコミに載るときって,どうして「(その作家の書いた未来像が,現実と比べて)当たった/当たらなかった」という話ばかりになりがちなのでしょうか。 ぶっちゃけ,猛烈に違和感あります。 SF作家の仕事は未来を「言い当てる」ことではない ……そんなことは,名作と言われる作品をほんのちょっとでも読んだことがあれば分かると思うのに。
 クラークは,そのハードな作風のせいもあってか,「2001年 宇宙の旅」という年代を区切った名作を出したせいもあってか,更には実際にすばらしい実績があったせいもあってか,よく「彼の予言が実現した/しなかった」みたいなことを言われる作家ではありましたが,そのクラークにしても,生前,何かのインタビューで「SF作家は予言者ではない。 起こりうる可能性としての未来像(ヴィジョン)の1つを示しているだけだ。」というような趣旨のことを述べていたと記憶してます。
 「当たった/当たらない」なんかじゃなく,彼の遺してくれたファンタスティックな未来像の数々に,そして,あえて現実との関わりで言うなら,その描いた素晴らしいヴィジョンによって(この現実の世界の宇宙開発などにまで)力を与え続けてくれることに,敬意と感謝を捧げたい。 そう思います。
 



 さて,今日は新旧交えて3つばかり紹介します。
 
(1) フランス医療制度の危機ル・モンド・ディプロマティーク(日本語・電子版)
 医療の危機(崩壊)という問題も,最近はようやく医療従事者を叩くだけではない記事が見られるようになってきた印象があります。 ……といっても,主流は相変わらず「叩く系」ですけどね。
 正直なところ,僕は日本のことも良く分かってないので,ましてやフランスのことなどさっぱりですが,この記事を読む限り,フランスの医療政策も,やはり日本と類似の総額抑制の方向に動きつつあり,それがあちこちに歪みをもたらしているということのようです。 ただ,なんとなく,まだフランスのほうが危機といってもまだ余裕あるような気がしないでもありませんが。
 
(2) 一度は泊まってみたいデザイナーズホテル特集SPIRAL MARKET
 いや〜,これは「行ってみたい」欲求を刺激しますねー。 たまには,こういうのを見て旅妄想に浸るのも悪くないかも。
 
(3) ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 (Valentina Lisitsa (p))YouTube 「のだめカンタービレ」のドラマ化のおかげか,今の日本でクラシックというと,ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番かベートーベンの交響曲第7番か……ってな状況のようですね。 …って,これは前にも紹介した "S.Y.’s Blog" からの受け売りで,僕自身はクラシック界の動向のことは良く知らないんですが。
 で,同BLOG のこの記事経由で知った演奏です。 まあ正直なところオケには「ありゃりゃ?」みたいな面もあるんですが,とにかく全編を通じてドライヴ感(という言い方が適切かは異論あるでしょうが)あふれるピアノが素晴らしくて,クライマックスでは思い切り感動してしまいました。 YouTubeは画質も音質もヒドイもんですが(最近,高画質オプションができたようですね),そういうのを超えてくる感動ってあるよな〜,と改めて思ったり。
 僕も,ご他聞に漏れず「のだめカンタービレ」のおかげで,このところ久々にそういう方面の曲も聴いたりしてるわけですが(まったく,思うツボです(^^;),なにしろ,僕がこのジャンルを聴いてたのはずいぶん昔なので,聴きたくても手元に音源が全く残ってなくて参りました。 当時は,モノラルのラジカセで,しかもイヤホン(WALKMAN以降に普及した音のいいタイプじゃなくて,旧式の耳に突っ込むヤツ)で,FM放送をがんばって聴いたりしてたわけで,今にしてみれば「よくやってたもんだな〜」と思います。 そのころを考えると,mp3だと音質が劣化するなんてのは(←僕自身そう言ったりするけれど)ずいぶんとゼイタクな話であるわけで,ホント,いち音楽ファンとして技術の進歩に感謝すべきでしょう。

|

« Silhouette Illusionと右脳・左脳 | Main | かなしい… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38221/40647699

Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ記事:

« Silhouette Illusionと右脳・左脳 | Main | かなしい… »